小児時期 幼児時期 小児矯正

小児時期・幼児時期とは

小児時期・幼児時期とは

幼児時期とは

幼児時期とは
▲幼児時期とは…

3歳から6歳頃の幼児時期は6歳臼歯(第一大臼歯)が生えてくる前の時期になります。この頃の歯科矯正は本格的なものはほとんどしません。顎の発達もこれからのものとなります。

3歳頃になると大体の顎の形や口の形が決まってきます。この頃に出っ歯や受け口であったり、上下の歯のかみ合わせが合わなかったりした時は、一度矯正専門医の診断をお受けになったほうがいいでしょう。お子さんの症状によりさまざまですが、治療が必要となった場合でも、多くの場合は本格的な矯正治療ではなく、異常なあごの発達を防ぐ目的の治療が行われます。また、お子さんの歯並びや顎の発達の問題が本人の舌やお口周りの癖によって起こっている場合もあります。そのような場合は、癖を取り除く治療が行われることもあります。

小児時期とは

小児時期とは
▲小児時期とは

矯正治療を始めるのに一番適切なのがこの時期となります。6歳臼歯(第一大臼歯)が生え始めてから、全ての永久歯が生え終わるまでの時期です。永久歯が生え始める6歳くらいからが矯正治療のスタートにもっとも適している時期です。

この時期の乳歯には歯と歯の間に隙間ができています。これはあごがきちんと成長している証拠なので安心してください。逆にぴったりときれいに歯が並んでいるようでは、一回り大きな永久歯が生え揃うスペースが足りなくなってしまいます。そのような状態の場合は、あごの骨を拡大する小児矯正治療が必要となりますので、矯正専門医の診断をお受けください。

小児矯正 クリニック小児矯正 クリニック

ご相談・お問い合わせはあおき矯正歯科までお気軽にご相談ください TEL:045-546-4183(よい歯みんな)