横浜市・歯列矯正・子どもの歯並び・受け口・出っ歯・がたがた・小児矯正

矯正治療の重要性

将来の歯並びのための小児矯正の重要性

小児矯正の重要性
▲小児矯正の重要性

矯正歯科治療とは、歯並びとかみ合わせの改善を目指した治療です。
大人の矯正治療は歯をきれいに並べ、最終的な咬み合わせを作ることを目的としています。それに対して、小児矯正はあごの成長速度のコントロールや、そのままにしておくと成長に悪い影響をあたえるかみ合わせを治療します。

小児期に歯並びやかみ合わせが悪いと、大人になってからもずっと心理的な悪影響を受けたり、虫歯や歯周病、顎関節への影響が出てきます。小児期に歯並び・かみ合せの治療を行うことでこれらの心配を予防することができます。

歯並びが悪くなると…

歯並びが悪くなると、以下のようなことが生じてくる可能性があります。特に精神面については、矯正治療を行うことで、今まで笑わなかったお子さんに笑顔が見られるようになったケースもあります。矯正治療でコンプレックスを解消し、歯並びやかみ合わせを美しく自然に治してあげれば、お子さんの心の健康を守ってあげることができます。

  1. 歯磨きがしづらく、虫歯になりやすい

  2. よく噛めないため、あごの成長が遅くなってしまう

  3. よく噛めないため、すぐに飲み込んでしまい、肥満になりやすい

  4. かみ合わせが崩れ、あごに負担がかかるため、顎関節症になりやすい

  5. 息が漏れやすく、発音やかつ舌が悪くなる

  6. 歯並びに対するコンプレックスから消極的な性格になりやすい

小児矯正 クリニック小児矯正 クリニック

ご相談・お問い合わせはあおき矯正歯科までお気軽にご相談ください TEL:045-546-4183(よい歯みんな)