開始時期 小児矯正 子ども 歯並び

いつはじめたらいい?

子どもの矯正治療に最適な時期とは

永久歯が生え揃う前
▲永久歯が生え揃う前

子どもの矯正治療では、あごの骨の成長期と矯正治療の開始時期を合わせることが大切です。治療開始時期の違いによって治療結果に大きな差が生じてきます。一般的に、あごの骨が急成長するため治療を避ける「思春期性成長」の前後で、「第一期治療」と「第二期治療」の2つに分けて治療を行います。

「子どもの矯正治療は早いほうがいい」といわれますが、
正確にいうと「永久歯が生え揃う前」が治療開始に最適な時期となります。

抜歯を避けるために乳歯の時期から治療スタート

抜歯の可能性を減らすために…
▲抜歯の可能性を減らすために…

上あごは、7才から8才にかけての1年間で、急速に成長します。この時期に上あごの成長が遅れている子どもは、成長を促す治療、反対に上あごが突出している子どもはその成長を抑える治療が必要になります。

このように、永久歯が生えそろう前の乳歯が残っている段階で検査や治療を始めると、永久歯が生え揃ってからの本格治療(第二期治療)に向けて万全な準備ができるのです。永久歯が生え揃ってから治療を始めると歯を動かすスペースを作るために抜歯が必要になることがあります。
抜歯を避けるためには、自然にスペース作りの準備ができる乳歯段階での治療開始が最適です。

ご両親からご覧になって、お子さんの歯並びに少しでも不安なところが出た時点で、できるだけ早く矯正専門医の診断をお受けすることをお勧めします。

小児矯正 クリニック小児矯正 クリニック

ご相談・お問い合わせはあおき矯正歯科までお気軽にご相談ください TEL:045-546-4183(よい歯みんな)