治療期間 小児矯正

どれくらいかかる?

子どもの矯正治療にかかる治療期間

それぞれのお子さんのあごの成長具合や、それに伴った治療開始時期などによって違ってきます。

第一期治療にかかる期間

第一期治療に使用する装置
▲第一期治療に使用する装置

第一期治療は、基本的に歯が永久歯に生え変わるまでの期間の治療になります。お子さんの年齢でいうと、乳歯が永久歯に生え変わり始める6才ごろから、全ての永久歯が生え揃う12才ごろまでです。

この時期にバイトプレート、拡大床などの装置を積極的に使用した治療を行います。骨格的な出っ歯や受け口、顎のずれ等の改善や、永久歯の並ぶスペースを作るために顎の大きさを拡げるなど、この時期にしか効果を得られない、成長を利用した非常に重要な治療を行っていきます。

第二期治療にかかる期間

ブラケット(大人の装置)
▲ブラケット(大人の装置)

第二期治療は、永久歯が生え揃ってから、ブラケット(大人の装置)をすべての歯につけ、歯並びなどの細かい治療を行います。

ブラケット(大人の装置)は歯をきれいに並べ、最終的な咬み合わせを作ることを目的としています。

小児矯正 クリニック小児矯正 クリニック

ご相談・お問い合わせはあおき矯正歯科までお気軽にご相談ください TEL:045-546-4183(よい歯みんな)