横浜市・歯列矯正・子どもの歯並び・受け口・出っ歯・がたがた・小児矯正

矯正治療のメリット

小児矯正のメリット

小児矯正のメリット大人になってからでも矯正治療が出来るという時代になりましたが、それでも子どものうちから治療を行うメリットはいまだ大きなものがあり、するとしないでは最終的な歯並びの良し悪しにも大きく影響します。

代表的なメリットには以下のものがありますが、子どものうちから治療を始めるということ自体が、お子さんの人生にとって大変大きなメリットとなります。

  1. 最終的な歯並びをきれいにすることができる

    最終的な歯並びをきれいに永久歯が大きく、通常、本格矯正の際に抜歯が必要となるケースであっても、子どものうちから矯正治療を始めることで、あごの成長をバランスよくコントロールし、よりきれいな歯並びに導くことができます。

  2. 偏ったあごの成長(輪郭のゆがみ)を軽減

    顔のゆがみを軽減
    ▲顔のゆがみを軽減

    あごが成長する子どもの時期に、不正なかみ合わせを放置すると、あごの成長に悪影響を及ぼし、あごが変形してしまうことがあります。あごの成長期にかみ合わせを改善してあげることで、バランスのとれた偏りの無いかみ合わせに改善され、輪郭のゆがみなどが軽減される可能性も十分あります。

    ⇒顔つきが改善された矯正治療例

  3. 抜歯の可能性が減る

    抜歯の可能性が減るあごの成長を正しい形に促すことで、不必要な抜歯の可能性を減らすことができます。大人になってからの矯正治療の場合、2~4本の永久歯の抜歯が必要な場合でも、子どものうちから矯正治療を行うことで、非抜歯にて治療が可能になる確率が高くなります。

  4. 費用が安くすむ場合がある

    費用が安くすむ場合がある子どもの頃からの早期検診、早期治療で、将来的な費用が安く済む場合があります。
    考え方については、以下のページをご覧ください。

  5. ⇒低料金で始められますか?

  6. 虫歯に強くなる

    虫歯に強くなる歯並びが悪いと、すき間や凹凸ができて食べカスが挟まりやすくなります。歯磨きをしてもブラシが届きにくく、磨き残しから虫歯となってしまうのです。矯正治療で歯並びを整えれば食べ残しや磨き残しが減り、虫歯になりにくくなります。

  7. コンプレックスの解消

    コンプレックスの解消出っ歯や受け口などの見た目の特徴は、子ども同士のからかいやいじめの原因になりがち。また悪い歯並び自体がコンプレックスとなり、お子さんの明るい笑顔を奪ってしまいます。矯正治療で歯並びやかみ合わせを美しく自然に治してあげれば、お子さんの心の健康を守ってあげることができます。

  8. 手術の必要性が減る

    手術の必要性が減る歯の生え変わりの時期に、歯の傾きが原因で受け口になっている場合、放置することで、悪い傾きの歯にそって顎が成長し、成長が止まる頃には顎のずれが大きくなりすぎて、改善には顎の手術を併用した矯正治療が必要となることがあります。しかし、あらかじめかみ合わせを治すことで、かみ合わせのバランスのとれた顎の成長が起こり、手術の必要性を減らすことができます。

ご相談・お問い合わせはあおき矯正歯科までお気軽にご相談ください TEL:045-546-4183(よい歯みんな)